ATELIER Z

ATELIER Z M#245? 改モデル

「世を忍ぶ仮の姿」
z-front.jpg

   
   実はRED氏が大阪出張時に楽器屋巡りをしてくれ、俺様のニーズにあったものを探し出して
   くれた思い出と由緒の深いモデルなのでR。このPHOTOもバイRED殿。
   おおっ!懐かしい! ピックガードが透明じゃ!? フロントPUが見えない!?
   ボディーも心なしか艶々と輝いていますな。後部のチラシの年号「2000」とか「1999」が
   時代を感じさせます(笑)    ほほぉ~~      ・・・・しかし。。。





☆愛しのモモエちゃん☆
momo.jpg
(RED注)この時、接客してくれた店員さんが「モモエちゃん!」 
BASS画像撮影にも協力的で、笑顔がカワイイ素敵な女性でした。
商談が成立したあと、アツイ夜を共にしたのは言うまでもない。(RED) 




「真の姿」
BLUE_BASS.jpg

 ↑ 断然こっちの方が格好良いと思うのですが如何なものか??
  かなりBODYのBLUEが退色している様な気もしますが気のせいか?
  さて楽器紹介始まりますよ!

----------------------------------------------------------------------------------------

BLUEがここ数年メインベースとして愛用しているアトリエZを紹介しよう。
そんな訳でHEARTPANICのLIVEではお馴染みのベースだが、実はオリジナルからはかなりの大幅な改造が
加えられている。
まずはアトリエZの特徴である透明なピックガード、コントロールプレートが艶消し黒に塗装され、メーカーの
モデルイメージを払拭している。本人曰く「精悍なルックスにしたかった」との事だがさて如何なものか。
とりあえずはアトリエっぽくはなく一時期のシェクターのカスタムベースのような外観(笑)に変貌している。
ペグはGOTO、4弦にヒップショットDが装着されているが「オレ様が使えない」ので使用されていない。
一度アームっぽく使ってみたが見栄え的にも音的にも地味だったのでその後も扱われる事はなかった。
ネック/フィンガーボードは氏好みのメイプル。ブロックのポジションマークは元々はパールのインレイであったが
黒のブロックマークに変更されている。
氏によると「ゲディー・リーのジャズべっぽくしたかった、黒いのはネームランドのテープを貼り付けた」との事。
おいおいネームランドかよ!
ポジションマーク同様、ネック廻りにも黒のバインディングが施されているがところどころ塗装が途切れていたり
はみ出していたりでDIYの香りが充満している。はっきり言って塗装はヘタ、塗装が落ちたりするので定期的に
油性マジックペンで修正しているらしい。
コントロール系はオリジナルの2VOL、2TONEから、マスターVOL/フロントPUバランサー/2TONEに変更されている。
氏のベースにはマスターボリュームは必須であり、所有のベースで2VOLであったものは全てマスターボリューム仕様に改造されている。
また、リアPUをメインとし、フロントPUをサブとして使用しているのは共通の仕様となっている。そしてノブも全てフェンダージャズベタイプに交換
されており、ここでもアトリエZのオリジナリティーを埋没させている。 「これってけどアトリエが嫌いな訳じゃ絶対無いよ、だったら買わないって!」←本人談
フロント/リアPUのバランスに関しては、「チューニング時以外、演奏時は大体両方フルで使っているけどね、リアはフルにしかならないワイヤリングやけど」と
あまり細かい使い方はしていない様である。
アクティブのトーンコントロールも設定は控えめ、常時若干トレブルを加え、音圧が欲しい時に少しベースを上げる程度、
との事である。XTCTのプリアンプは「比較的上品な」印象と言うことであるがさて何と比較した上での印象であろうか??  正解は後日。
ブリッジはお気に入りのバダスのBASSⅡ。 がっちりした重量感と「ゲディーリー先生が使っているから」がお気に入りの理由だとか。
他には、フロント/リア各PUの間にフィンガーレストが設けてあるが、これも氏所有ベースの共通の改造点。
「どうもこの辺りで弾くのが演奏的にも音的にも丁度良いような気が」するらしい。
尚この素材は箸とのこと。「材質までは分かりません」何でも良いんじゃないの?
ボディーは多分、アッシュではないか。トレードカラーのシースルーブルーのボディーは永年の使用によるものか、
ボディー裏面、側面等に塗装剥がれ、キズ等の修復痕が散見される。歴戦の勲章であろうか、また、ストラップピンは
ロック式に変更されている。アトリエZのもう一つの個性であるPUフェンスも、削除。
 かなり使い込まれた感のあるベースであるがBLUE曰くは「まだまだこれから!これからホントの調子でてくる筈」と、
当分の間はメインベースとして活躍しそうな感じである。頑張れアトリエZ!

  • 最終更新:2010-04-19 11:37:10

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード